きんちゃんの日記-休日のブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 2016-06-25〜26尾瀬キャンプ

<<   作成日時 : 2016/06/27 11:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

小学生二人を連れて、パパと三人で尾瀬にキャンプに行きました。鳩待峠から山ノ鼻までのハイキングみたいなコースですが、すべての荷物を担いで行くので、とっても大変です。車で行けるキャンプとは装備が全く異なるキャンプなのです。
小学校1年生になる綾花はもう楽しみで楽しみで、少し前から「尾瀬尾瀬」言っていました。


画像



1週間ほど前から持って行く道具を選んだりして、ワクワク感が高まります。前回友哉と行った時よりも食材等が増えるので、荷物の更なる軽量化を図るべく、計画を練ります。
寝袋の下に敷くマットは、長さを150センチまで短く切って、少しでも小さくなるようにしました。
寝袋はダウンの物にして、ヘッドランプはボタン電池を使用した超軽量の物を新調しました。また、テントの下に敷くグラウンドシートも専用の物を購入して、パパのリュックの重量は12キロまで抑えました。


6/25(土曜)夜2時ごろに起きだして、3時には出発します。夜の高速道路はスイスイで良いですね。途中コンビニに立ち寄り、パン、おにぎり、ペットボトル、ココア(粉末)、インスタントコーヒーなどを購入し、朝6時半には尾瀬戸倉の駐車場(2日で2,000円)へ到着しました。
6月上旬〜中旬は水芭蕉、7月中旬〜下旬はニッコウキスゲで大混雑するのですが、ちょうどその間の期間は比較的空いていてのんびり尾瀬を楽しめます。この日も第一駐車場の半分も埋まって居ませんでした。


8人乗りのタクシーが待っていて、人数が揃うとすぐに出発してくれますので、あまり時間を気にすることもありません。
7時過ぎには鳩待峠へ到着し、いよいよ尾瀬に向けて歩き出します。


画像



歩き出しは、直前まで降っていた雨が石の階段を流れているような道を進みます。濡れた下り道を滑らないようにゆっくりと進んでいきます。
一緒にタクシーを降りた人たちは、鳩待峠で少しゆっくりしてからの歩き出しだったようで、前後に人は居ません。途中2〜3人に追い越された程度でした。

途中、熊よけの鐘があり、子供二人が順番に鐘を2回ずつ鳴らしました。熊の発見情報は毎週のようにあるようです。


画像




最初が岩の階段で、途中から木道の階段になり、そのうちに川沿いの木道になります。だんだん道が平らになってくると山ノ鼻はもうすぐそこです。


画像



イワナの泳ぐ川の橋をわたり、屋根が見えてくると山ノ鼻ビジターセンターに到着です。
テントは2張あるだけだったので、場所は選び放題です。2回目ということもあり、朝日のあたる場所で雨でも川にならないベストポジションにテントを張れました。


画像



テントを張るのはパパと綾花の共同作業です。友哉はその様子を記録するカメラ係でした。
この日のキャンパーは、全部で6張で、ソロテントが2張、2人組が3張の少な目でした。おかげで、静かに過ごせました。


画像



テントを張ったら、今度はリュックの中を全て出して食料と荷物の確認です。1泊2日の食料とお菓子はこれで十分そうです。
人生ゲームとトランプも持って来ました。


画像



人生ゲームはお金の計算が必要で、両替したりして数字に強くなること間違いなしで、小学生にはもってこいのゲームです。
そして、トランプでは、少し前までは負けると泣いていた保育園児でしたが、小学生になると負けることも楽しめるようになりました。

画像




着いたらすぐに持って来たノートに日記を書き始めました。
その後、山ノ鼻ビジターセンターに行き、動物の足跡やら尾瀬の自然のスタンプを見つけると、ノートを取りに行って、自分のノートにスタンプを全部おしていました。ノートはずいぶん役に立つようです。
午前中はゲームをしたり、お菓子を食べて過ごしました。


画像



画像



11時の気温は17℃で、ちょっと肌寒い感じです。長袖にして少し運動して暑くなると上着を脱いでTシャツになり温度調節をします。
山ノ鼻の研究見本園を1周回って花の写真を撮ったりしているうちにお昼になりました。


画像



画像


後ろに見えるのが至仏山荘で、キャンプの受付とお風呂があります。


キャンプ場へ戻って、味噌汁やスープを飲んで、チーズかまぼこが昼食です。
なんとも粗末な食事ですが、少食の子供たちは、それで十分なようです。


画像



食後は、ハクセキレイの親がヒナにエサを運ぶのを追いかけて見たり、そこらじゅうを走り回って過ごしました。


画像



3時にココアを飲んで、おやつタイムです。
テントの中には飽きたので、外にシートを敷いて7並べをやっています。


画像



研究見本園の左の外れに、食虫植物があるとガイドブックに書いてあるので、夕方見に行きました。
泡虫とか、モウセンゴケを観察しました。
イトトンボを探したのですが、この日は発見できませんでした。残念。


至仏山荘ではお風呂に入ることが出来ます。
1人500円。入浴時間は午後3時〜5時と書いてありますが、山小屋の受付の方に聞くと、今日は宿泊者が30名いて、混雑するかもしれないとのことです。5時から山小屋の宿泊者が食事になり、お風呂が空くという話しだったので、5時ちょうどにお風呂に行きました。
案の定、お風呂に来たのはテントを張っているお客さんだけでした。石鹸やシャンプーは使えませんが、汗を流せるだけでありがたかったです。


夕食は、即席ラーメンです。棒ラーメンという、かさばらないサイズの山にはもってこいの即席めんで、とってもおいしいです。


画像



食後は、少し雨が降って来たので、念のため傘を持ってビジターセンターの視聴覚室へ。絵本を読んで30分ほど待つと、土曜日7時から恒例のスライド解説が始まりました。尾瀬の自然保護の歴史と、見どころを解説してくれます。


画像



終わるころには、雨が本降りになっていました。トイレに行って、テントの寝袋で就寝です。


画像



夜は思った以上に冷え込んで、子供は上着はあったのですが、下が半ズボンだったので寒かったようです。
私のフリースを着たりしましたが、朝方には私の寝袋に入って来ました。


朝食は、コンビニで買ってきたパンです。
ココアを入れて、ほっと一息です。
今朝もノートに日記を書き、今日の予定を書き込んでいます。


画像


画像



朝の散歩に牛首分岐の方まで行って来ました。途中1輪だけニッコウキスゲが咲いていました。ラッキー!


画像



水芭蕉はもう終わりでした。


画像



至仏山は7月1日から登山出来るそうです。
今日は山頂は雲の帽子をかぶっています。


画像



燧ケ岳も雲の帽子をかぶっています。


画像



散歩の後は、テントの周りでトランプをしたり、のんびり過ごしました。


画像



画像



11時頃に撤収して鳩待峠を目指しました。


画像



画像



山ノ鼻ビジターセンターの人が手を振って見送ってくれました。また来るよ〜!!


画像



さぁ、重い荷物を背負って木道を進みます。

画像



画像



来たとき同様1時間ほどで、登り切ることが出来ました。
鳩待峠に着いたとたん小雨が降り出しました。


花豆ソフトを食べて、すぐにタクシーに乗り込みました。定員になれば、時刻表とは関係なしに出発するのを知っていたので、すぐにバス停へ向かったのが正解でした。
乗り場が変わり、売店の2〜3分下になったので、タクシーが待っているのをほとんどの人が知らず、バスの次の出発の時刻表を参考に雨宿りして、後30分も待っているつもりらしいです。


画像



戸倉の駐車場へ12:30に到着し、さて、足湯にでも入って帰ろうかと車を出すと、子供はすっかりお昼寝タイムです。結局千葉に戻るまで3時間も寝てました。


画像



私はすっかりお疲れモードで早めの就寝でしたが、子供はゆっくり夜のテレビも楽しんだようです。


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2016-06-25〜26尾瀬キャンプ きんちゃんの日記-休日のブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる