Garmin Oregon550 ポータブルGPS買っちゃった

「山と渓谷」を愛読している私が、最近欲しいものは山に関するものばかりです。そんな私が最近手にしたのがポータブルGPSです。

登山の途中やハイキングの途中であとどれくらい?といつも思うのですが、その答えを一発で出してくれる優れものなのです。今までの平均速度から残り時間を算出して表示してくれたり、釣りに適した時間を調べたり、日の出日の入り、月の出月の入りなどもわかってしまう頼もしい機能がありますので、釣りから天体観測まで幅広く活用できそうです。

GPSにもいろいろとメーカーや機種があるようですが、私が選んだのはGarmin社のOregonシリーズのデジカメ内蔵タイプである550を購入しました。英語版で4万円しないくらいです。

画像


早速到着して電池をセットして、まずは日本語化を行いました。やり方は「Garmin 日本語化」などで調べるとわかります。先人の知恵に感謝です。

ハワイの地図とか、日本とかいろいろと表示させて確認しましたが、やはり細かい道路が無く、ランドマークも少ないのでこれだけではちょっと味気ないです。
自宅のパソコンでログをカシミール3Dに取り込めば詳しく確認できるのですが、やはり出先で細かい地図が見たいので、利用可能な地図をネットで探します。

とりあえずフリーの日本地図をダウンロードして、16GBのマイクロSDカードに入れて装着してみました。
ダウンロードしたのは、OSM Map On Garmin/Downloadサイトです。 http://wiki.openstreetmap.org/wiki/OSM_Map_On_Garmin/Download にある、Asia→Japan欄からリンクされている admincabal.com http://admincabal.com/osm/ というサイトのものです。

japan.zip を10~20分かけてダウンロードして、解凍したファイルgmapsupp.imgというファイルをSDカードに作成したGarminフォルダに入れます。

このSDカードをGarmin Oregon550に装着するのですが、差込口はどこだろう?と探してみると、電池を外したところにありました。
最初入れ方がわからず、じーっと見つめていると、「←OPEN」「LOCK→」の文字が。なるほど、金属の固定パーツをスライドさせて起こすと入れられるのがわかりました。
後からわかったことですが、日本語のマニュアルがPDFでネットで公開されていました。Oregon550.pdf 
http://www.athletegadgets.com/_userdata/Oregon550.pdf

電源を入れると自動で地図が読み込まれて表示されるようになりました。

さらに、全国山名と駅名のイメージファイルを http://ktailab.net/garmin/index.php
のサイトからダウンロードさせていただきました。
両方ともgmapsup2.imgと同じファイル名なので、片方をgmapsup3.imgに変更して、これもSDカードのGarminフォルダに入れておきました。

データの移動方法ですが、Oregon550を直接USBケーブルで接続する方法と、SDカードを取り出してリーダーでパソコンに接続してコピーする方法がありますが、SDカードを取り出したほうが断然速いようです。500MBほどのデータの場合は、かなり時間がかかりますので、SDカードを出してパソコンにカードだけ接続したほうが良いようです。(USB2.0のリーダーを使用しています)


さて、ここまでうまくいって、家に帰って子供たちに見せたところ喜んでいろいろといじっていましたが、私の手に戻って来たときには、なんと道路が表示されない状態に・・・?!メニューの順番もなんだかおかしい!?
翌日、メニューから設定→リセットしても駄目、SDカードのデータを入れなおしても駄目。何度もダウンロードしなおしてみたけど道路が出ない。

地図データが壊れているのだと思っていろいろとやりましたが、壊れてから2日目の朝、ようやく直し方がわかりました。

●画面の左上をポイントしたまま電源を入れて、初期化したところ、道路が出るようになりました。

初期化しても、軌跡ログが消えるだけで地図データや日本語化のファイルに変更はありませんでした。

再び、日本語表示にして、メートル表示に設定し使いやすい状態に。

そして、今日はネットで買った http://tka.jp/SHOP/tm25k.html GaiminGPS用日本地形図25000が届くのでそれも使ってみようと思っています。
ちなみに、12,800円。注文した翌日に到着という速さ!


やっぱり、地図を購入して正解でした。
Garminのサイトで、新しいファームウェアが配布されていたので、アップデートを行ったところ、日本語表示がおかしくなりました。そこで、購入した地図に含まれている日本語化ファイルを実行したところちゃんと表示されるように戻っています。ファームウェアも元に戻されているのかも知れませんが、いずれにしても助かりました。

ジオキャッシュというGPSユーザーがこぞってやっている宝探しをやってみましたが、最初はコツがつかめずなかなか大変です。
サイズも隠し方も分からず、苦労しましたが2~3個見つけると大体のサイズや隠し方などが分かってきたので、探す時間も短くなりました。
詳しくはまたそのうちにレポートしたいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

くぅちゃん
2014年10月26日 23:18
ガーミンその後どうでしょうか?Etrex30の英語版を買うべきか、しかし自分に日本語かできるか?地図ソフトはどうしよう?と悩んでいたところ、たどり着きました。
地図ソフトはカシミールの2980円位?のを入れたらだめですかねぇ。悩みます。

この記事へのトラックバック