2012年全国中学校ロボコン参加しました

中2の息子が中学ロボコン応用部門というのに今年参加しました。
正式名称は「第13回全国中学生創造ものづくり教育フェア ロボットコンテスト応用部門」というものです。

山武中学校が参加するのは、初めての事でまったくの初心者の集まりです。
何をどうして良いのやら。


6月ごろから、材料を手配したりとか準備を進めて来ましたが、実際にロボットを製作して練習を開始したのは千葉県大会の1ヶ月前くらいになってからです。


千葉県大会までになんとか間に合ったという感じでした。
11/17、幕張の千葉県大会会場に到着すると、他の競技者のロボットがとにかく良く出来ていて、みな自信満々に見えてきます。


競技の前には車検があり、規定の寸法以内に入っているか、電池やモーターの個数はOKか、など。
モーターは6個まで使用可能ですが、息子のチームは4個しか使っていません。
少ない個数で素早い動きを目指して開発しました。

いざ、競技が始まり、予選リーグを見事勝ち進み、決勝トーナメントまで進むことが出来ました。


画像



競技中は、見ているほうがハラハラドキドキで、ほんとうに心臓に悪いです。
2分30秒の競技ですが、あっという間なので途中でロボットが止まらないか、トラブルは無いかどこのチームもハラハラの連続だったと思います。

バトミントンの羽をゴールへ運ぶのですが、滑りが悪くて思うように落ちなかったり、途中でギヤのクラッチが弱くて動きが止まったり・・・。ハプニングのロボットもありました。


山武中のロボットは1回戦目だけ思わぬところでアームが落ちてしまい、羽が落ちるハプニングがありましたが、2回戦目以降はトラブルも無く、実力を発揮できたと思います。


準決勝まで進み、そこで敗退。3位という結果に。
初参加にしては上出来だと思っていたら、特別賞を受賞して、なんと関東大会まで進めることになりました。


http://ajgika.ne.jp/~gikachiba/fair/12/fair12-report.html


そして迎えた、12/2の関東甲信越大会は、東京の府中での開催でした。
早朝山武を出発して、現地には8時前には到着しました。

関東甲信越の全部で32チームがロボットの性能を競います。
千葉からだと比較的近い方だったと思いますが、新潟県とか長野とかの参加は大変だったと思います。
バスも6~7台来ていました。

10:30から予選リーグが始まり、初戦の相手が東京1位のチームです。


画像



残念ながら負け、ガッカリしているけど、すぐにまた次の試合が始まります。
栃木4位のチームにまたまた惜しくも負け。
最後の茨城1位のチームには快勝しました。

決勝リーグには進むことが出来ませんでした。



昼食後、最後の決勝戦まで見守って、他チームの作りのすごさを実感しました。
同じモーターを使っているのに、動きの速さとパワーの違いが出るギヤーやテコのかけ方に相当工夫があるんだろうなと関心しました。


1位が山梨県のチーム、2位が神奈川県のチームでした。
次回は2013年1月の全国大会で1位が決まります。



初参加校で関東甲信越大会まで来れたのだから、上出来としましょう!
応援も大変ですが、来年挑戦できれば、是非全国大会目指してリベンジしてもらいたいですね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

くう
2013年02月07日 12:51
早速、拝見しました。
息子さんの成長楽しみですね。
今年は是非全国大会まで頑張ってください。
私の孫も中学英語発表会で八千代市で一位になりました。
応援している方がドキドキでした。

この記事へのトラックバック